RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

1分間スピーチ

<< 保冷剤の種類、保冷剤に潜む危険、保冷剤の有効活用 | main | 【ハイポークラード】 >>
お茶シリーズ(麦茶パート2)
0
    麦湯は昭和30年代に冷蔵庫が普及し、冷やして飲む習慣が生まれました。
    30年後半には、大型珈琲焙煎機を輸入しそれを利用して麦茶の大量生産を開始してその年に日本初のティーパック麦茶が発売されました。
    その数年後に水出しタイプのティーパック麦茶が発売され、50年代に入り、乳業メーカーから1隼罐僖奪のチルド麦茶が発売。その数年後についに、大手食品名メーカーのハウス食品が麦茶市場に参戦し、缶タイプやペットボトルタイプを発売したそうです。
    | お茶 | 09:05 | comments(0) | - | - |