RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

1分間スピーチ

<< お茶(烏龍茶Part2) | main | 保冷剤の種類、保冷剤に潜む危険、保冷剤の有効活用 >>
お茶シリーズ(麦茶編 歴史 パート1)
0
    麦茶は、大麦の種子を煎じて作った飲み物です。
    現在は、冷やして飲むのが当たり前のイメージてますが、昔は暖かいお茶で麦湯と呼ばれてました。
    今をさかのぼること、平安時代、麦湯は貴族の飲みものだったようで、現在のように誰もが飲めるものではなかったそうで、以後室町時代まで貴族の飲み物だったそうです。
    戦国時代には、武将が飲用し、江戸時代には屋台のような感じで売られ、少しづつ、庶民も飲めるようになり、明治なり、麦湯店が流行り出し庶民にも馴染みが出てきたそうです。
    | お茶 | 11:39 | comments(0) | - | - |