RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

1分間スピーチ

<< 混成酒の巻 | main | コーンスターチと片栗粉 その2 >>
ブランデーの巻
0
    ブランデーには主に葡萄からつくるものと、葡萄以外の果実からもつくります。
    つくりかたは、葡萄などの果実からワインをつくり、そして蒸留するとブランデー
    ができあがります。後は樽で熟成されます。簡単ですねー。
    ブランデーのラベルによく書かれているものを説明すると
    Eau de Vie(オードヴィー)
    フランス語では生命の水と呼んでいます。フランスはアルコール中毒が多いのかと思いますが
    違うようで、不死の霊薬として売り出した事が始まりらしいです。
    アルマニャックとコニャック
    フランスの地方の名前 高知で言えば幡多?嶺北?
    法的な厳しい基準があり原料、蒸留の仕方、熟成の年数などきまりがある。
    日本では、沖縄の焼酎 泡盛みたいなもの
    V・S・O・P
    熟成年数を示す略語です.
    製造メーカー、国、アルマニャック、コニャックでは
    それぞれ決まりが違うみたいですが
    VO (verr old とても古い)
    VSO (very superior old とても優れた古いブランデー)
    VSOP(very superior old pale とても優れた古い澄んだブランデー)
    ※コニャックの場合は蒸留後5年超えた原酒のみ表示が可能
    それ以上のランクは
    ナポレオン
    XO
    エクストラ
    葡萄以外のブランデーは?
    リンゴのブランデーはカルバトス
    さくらんぼのブランデーはキルシュワッサーなどが製菓に良く
    つかわれます。
    | 酒類 | 09:32 | comments(0) | - | - |