RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

1分間スピーチ

<< アルエット(日油) | main | 【紙バッグシーリングテープ】オカモト、共和 >>
【紙のサイズ等】
0

    ■四六判(シロクバン)「4/6」と表記することが多い【788x1091mm】
     四六判は、江戸時代の公用紙である美濃紙をもとに定めた美濃判に由来する。

    「美濃判」(1尺3寸x9寸)の8倍の寸法です。 四六判は、明治中頃までは、

    「大八つ判」と呼ばれていたのですが、 出版物での四六判(4寸2分x6寸2分=128x188mm)

    を作りやすい原紙であることから「四六判」と呼ぶようになりました。

     四六判は現在、紙の最も一般的なサイズです。

     

    ■キク判           【636x 939mm】
     明治はじめ頃、新聞用に従来輸入していた紙が、記事の量の増加と共に

    使いにくくなったため、新たに作られたサイズです。
     当時アメリカから輸入されていた24x36インチの寸法を縦横1インチずつ伸ばして

    25x37インチにしてもらったそうです。
     キク判という名称は、輸入元の商標がキクの花に似ていた(ダリヤの花)事と、

    新聞用に使うということで新聞の「聞」をとって名付けられたと云われています。
     現在の新聞は 546x813mm、四六判の半分より少し大きいサイズです。

     

    ■ハトロン判         【900x1200mm】
     ドイツ語のpatronen papierパトローネンパピアー(弾丸の薬莢を包む紙)が語源と云われています。
    包装紙の一種で、日本では第二次世界大戦頃まで作られていた「ハトロン紙」と言う名称の紙が

    3尺x4尺(909x1212mm)であったため、現在の900x1200mmサイズをハトロン判と呼んでいます。
     サイズの名称ではありませんが、包装紙で、「ハトロン紙」と共によく使われる名称に

    「クラフト紙」という物がありますが、このクラフトというのはドイツ語で「力」「能力」を表します。
    力のある紙、強い紙といったところでしょう。

     

    ■一般的な紙のサイズの一覧表
    種 類     寸 法
    四六判     788x1091mm
    キク判     636x 939mm
    ハトロン判 900x1200mm
    A列本判 625x 880mm 比率 1:√2  A0は面積が1平方メートル
    B列本判 765x1085mm 比率 1:√2 B0は面積が1.5平方メートル

     

    ■A判は、19世紀末ドイツの物理学者オズワルドによって提案されたドイツの規格で、

    面積が1平方メートルの「ルート長方形」をA0としました。現在では国際規格サイズです。

     

    ■B判は、日本の美濃紙をもとに面積が1.5平方メートルの「ルート長方形」をB0とした

    国内規格サイズです。A判の面積を1.5倍にすると、美濃紙に近い寸法がとれるので、採用したわけです。
     明治、大正ごろの出版物は、美濃紙を基準としていたものが多く、公文書もそうでした。
    コピーを取る時などにA4→B4にする倍率とB5→A4にする倍率が同じとなる利点を持っている。

     

    (白銀比) 1:√2(1.41421356…)
    建造物に正方形を用いる木造建築から始まったと言われています。
    丸太を伐採し、断面が正方形の角材を切り出すのは、無駄を出さない事が理由です。
    円に内接する長方形の面積を最大にする形が正方形である、と言うことだと思います。
    風呂敷や畳、法隆寺が正方形を基本とする理由も、その最適性と汎用性にあります。

     

    ■紙の目
     紙は大きなロール状に巻き取られながら製造されます。このとき紙が流れる方向を紙目といいます。
    断裁された印刷用の紙目は紙の長辺に対し水平に紙目があるものを【縦目(T目)】、

    紙目が垂直にあるものを【横目(Y目)】といいます。

     紙目によって丸まり具合や、本なら開きやすさが変わってきます。用途に合った適切な紙目で

    印刷しなければトラブルの原因となります。

     紙の長辺に沿って平行方向に繊維が流れている紙を縦目(T目・タテ目)の紙といいます。

    流れ目が縦目の場合は、寸法を788×1091mmと小さい方の数字を先に表記します。

     紙の短辺に沿って平行方向に繊維が流れている紙を横目(Y目・ヨコ目)の紙といいます。

    流れ目が横目の場合は、寸法を1091×788mmと大きい方の数字を先に表記します。

    | - | 10:37 | comments(0) | - | - |