RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

1分間スピーチ

<< 体にとってよい朝食の取り方(食べ方) 野菜ジュース編 No.9 | main | 【シャンプー手袋】 >>
【ぼたもちとおはぎ】
0

    彼岸の食べ物といえば、「ぼたもち」と「おはぎ」。
    「ぼたもち」「おはぎ」には、あんこ、きな粉、ゴマ、青のり
    などがありますが、その作り方は、うるち米と餅米を混ぜて炊き、
    つぶしたものを丸めてからあんこやきな粉で包むというものです。

    「ぼたもち」と「おはぎ」は、それぞれ「牡丹餅(ぼたもち)」、
    「お萩(はぎ)」と漢字で書きます。
    これは、春のお彼岸の頃には「牡丹(ぼたん)」の花が咲き、
    秋のお彼岸の頃には「萩(はぎ)」の花が咲くことに由来(ゆらい)しています。
    また「牡丹(ぼたん)」の花は、大きな花ですから
    「牡丹餅(ぼたもち)」は大きめに、
    「萩(はぎ)」は小さな花なので「お萩(はぎ)」
    は小ぶりに作られるようになりました。
    つまり、「ぼたもち」と「おはぎ」は、基本的には同じ食べ物ですが、
    食べる季節が違うため、呼(よ)びわけるようになったのです。
     春はぼたもち、秋はおはぎと春秋使い分けないといけないのですが、

    今は年中おはぎで通すお店が圧倒的に多いようです。
     おはぎには「つぶあん」、ぼたもちには「こしあん」を使い、

    あんこの違いによって呼び分けることもある。

    | - | 13:40 | comments(0) | - | - |