RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

1分間スピーチ

底充填タイプのスパウトパウチ 夢パックDP16-SN0100B
0

     

    夢パックDP16-SNシリーズは、キャップの反対側が開いており、その開口部から中身を充填することができますので、餡(あん)・青のり・ジャム・みそなど、粘度がやや高い商品でも楽に充填が可能なキャップ付き三方袋です。またガスバリア性の高いフィルムを使用しておりますので、商品の酸化・劣化を極力抑えることができます。

     

    夢パック DP16-SN0100B【底充填タイプ】
    外寸:100mm(W)×160mm(H)
    キャップ内径:16mm
    シール幅:5mm
    内容量目安:100ml



    【使用方法】
    (1)商品の中身は、袋の下側開口部より充填します。 充填後、できるだけ空気を入れないようしながら、開口部をシーラーで溶着します。

    (2)袋のキャップ側はあらかじめ締め込まれています。 ユーザーが使用する際に、このキャップをねじ開けて使用します。

    | 包装フィルム・袋 | 18:24 | comments(0) | - | - |
    ガードロンに似た商品
    0
      ガードロンと同じような商品でMAYという商品があります。
      特殊共押出タイプのOPPフィルムに蒲鉾と接する面に剥離剤をコートした包装フィルム。

      また、KICはセロファンフィルムの両面にバリア性とヒートシール性のあるコートを行い更に蒲鉾と接する面に剥離剤をコートした包装フィルムです。(PVC)

      KICの材質は塩ビなので燃やすとダイオキシン発生の事もあり、一部のお客さんからは敬遠される場合もあります。
      | 包装フィルム・袋 | 10:03 | comments(0) | - | - |
      ガードロンの選定方法
      0
        ガードロンの選定方法について、まず用途・機械を使用するのか、しないのか、包装形態から考える。
        毎年すりみの状況も違うのでお客さんに確認しながらガードロンの密着と剥がれやすさを検討する。

        ガードロンと似た商品でキックという商品がある。
        ガードロンとの違いは密着幅の範囲が広く、細かい対応には向いてないが、流通ではガードロンより少し安い価格で入っている事が多く、そのためこちらを使うお店もある。
         
        ガードロンはPPベースのフィルムであり、キックはPVC(塩ビ)ベースの製品になるのでダイオキシンの問題などから敬遠される所も増えた。

        商品を単品包装する場合はガードロンの方が製品の肉痩せしないという事もある。
        メイという商品があるがOPP#20の片面ヒートシールのフィルムなのでガードロンと同じように使用するが価格的には非常に安いとの事。
        ただ商品によっては密着・剥がれやすさが悪いケースがある。
        | 包装フィルム・袋 | 14:12 | comments(0) | - | - |
        ガードロンについて
        0
          ガードロンの種類は大きく分けて4種類あるが共通しているのは密着面が片面であるということ。

          ガードロンPLは片面ヒートシールのガードロンであり、厚みは25・30・40とある。
          ガードロンシールより密着性が高い。密着タイプは16種類ある。

          ガードロンシール PLタイプよりヒートシール性を要求するタイプで両面ヒートシール。厚みは20・25μとある。機械耐性がPLタイプより優れている。
           
          エパックはリテーナ用蒲鉾専用のフィルムであって、
          シュリンクフィルムと併用で使用する。金型を使用して製品を作る。なぜ金型を使用するかというと関東の方ではかまぼこの表面がつるっとした物でないと売れないと言う事もあり、こういう製品ができた。

          ガードロンPQ 他ガードロンと比べて密着幅が広いタイプになる。CPPの単体のフィルムなのでしなやかでこじわも入りやすくよいが、機械耐性・作業性は若干悪い。
          | 包装フィルム・袋 | 18:34 | comments(0) | - | - |
          ガードロンとは
          0
            ガードロンとは蒸し蒲鉾用の包装フィルムであり、
            シェアも日本一。なぜガードロンを使用するかというと蒲鉾の腐敗の原因はすりみから出る水分で商品が傷むのだが、フィルムが製品に密着する事で日持ちを向上させるというものである。
            | 包装フィルム・袋 | 08:57 | comments(0) | - | - |