RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

1分間スピーチ

アルコールについて(10)
0
    【アルコールが有効な微生物(ウイルス)について4】
    カンピロバクター
    [特徴]
    ・空気には弱く、低温には強い菌です。
    ・無酸素では、菌は発育しません。
    ・感染から発症まで一週間程度掛かる場合もあります。
    [原因]
    ・食肉・飲料水・ペット(生の鶏肉や牛肉が多い)
    [症状]
    ・発熱、頭痛、筋肉痛がおこり、次に吐き気や腹痛になる事が多いです。
    [予防方法]
    ・食肉などを冷蔵庫に保存するときは、他の食品と分け
    • 調理時は十分に加熱する。
    • ・飲料水は煮沸し、滅菌してから飲むようにする。
    • ・手洗い、調理器具の殺菌・消毒
    | アルコール | 13:19 | comments(0) | - | - |
    アルコールについて
    0

      アルコールについて

      【アルコールが有効な微生物(ウイルス)について3】
      病原大腸菌(腸管出血性大腸菌O157)
      [特徴]
      子供より、大人の方が感染しやすく、わずかな菌でも感染する恐れがあります。
      感染力が強い為、集団感染の恐れもあります。
      [原因食材]
      食材全般
      [症状]
      腹痛・下痢
      [予防方法]
      ・生野菜などはしっかり洗う・生肉はしっかり加熱する。
      ・手洗い・うがいの徹底・調理器具の消毒
      ・水道水はなるべく口にしない
      | アルコール | 19:24 | comments(0) | - | - |
      アルコールについて
      0

        アルコールについて

        【アルコールが有効な微生物(ウイルス)について2】
        サルモネラ
        [特徴]
        ・2000種類以上の菌の型があります。
        ・幼児や高齢者では二次感染する危険性があります。
        ・低温や乾燥などに強いという特徴があります。
        (冷凍状態でも活動する事ができます。)
         
        [原因食品]
        ・卵・食肉・ペット等

        [症状]
        風邪と症状が似ており、嘔吐や腹痛を伴い、下痢になります。
        抗生物質等や点滴などで治すことができます。

        [予防方法]
        ・食肉や卵は、十分に加熱調理する。
        ・長期保存はできるだけ避ける。
        ・ペットに触れたあとは、手洗いをしっかりする。
        | アルコール | 19:37 | comments(0) | - | - |
        アルコールについて
        0

          アルコールについて

          【アルコールが有効な微生物(ウイルス)について1】
          腸炎ビブリオ
          [特徴]
          海水などの塩水を好み、海中の泥に潜んでいます。
          繁殖能力が高く、短時間で増殖します。
          熱は苦手で、高温または低温な環境も苦手です。
          [原因となる食品]
          海水を好む為、主な食材は魚介類等
          [症状]
          発熱はほとんどせず、激しい腹痛と下痢を伴います
          [予防方法]
          • ・調理の直前まで、冷蔵庫などで低温(5℃以下)で保存する。
          • ・魚介類はできるだけ火を通して食べるようにする。
          • ・生(さしみ・寿司等)で食べる場合、できるだけ早く食べる。
          • ・まな板やふきんは、魚介類専用のものを使う。
          • (またはしっかり洗浄・消毒してから使うようにする)
          | アルコール | 13:18 | comments(0) | - | - |
          アルコールについて
          0

            アルコールについて

            【傷口へのアルコールには害はないのか?】
            昔は化膿しないように傷口をアルコールで消毒するというのは当たり前の行為でしたが、最近は考え方が変わりつつあります。

            理由としては傷をなおす細胞などに害がある事、細菌を完全に死滅することはできず、多少の細菌が存在しても治癒できるという理由で消毒をする事によって傷の治りが遅くなる場合もあるそうです。

            最近では、消毒薬とガーゼを用いた治療法から水や石鹸水などで洗浄したり被覆材(傷を覆う材料)による治療法に変わってきています。
            | アルコール | 19:17 | comments(0) | - | - |
            アルコールについて
            0

              アルコールについて

              【細菌は殺せるのに人体には無害なのか?】
              ・人の肌は表面は細胞ではなく、皮膚バリアがあり、これを角質層と呼びます。
              この角質が細菌やウィルス、その他の異物の進入を物理的にも化学的にも防いでいます。
              それ以外にも、水分や保湿成分の喪失を防いでいるという効果もあります。

              皮膚表面は、死んだ細胞の集まった平たい層で覆われており、丈夫な線維質のタンパク質でできています。
              つまり皮膚の外側部分は細胞では無いため、人体には影響がでないのです。
              | アルコール | 17:39 | comments(0) | - | - |
              アルコールについて
              0

                アルコールについて

                【アルコールとエタノール】
                ・エタノールはアルコールの1種で、エチルアルコールとも呼ばれます。
                ・飲用(お酒)、工業用(調味料・塗料)など幅広く使用されています。
                ・揮発性が強く、殺菌・消毒のほか、燃料としても用いられます。
                | アルコール | 20:16 | comments(1) | - | - |
                アルコールについて
                0

                  アルコールについて

                  【殺菌のメカニズム】
                  ・細胞膜の脂質を溶かし出す
                  ・タンパク質の構造を変化させて機能を失わせる
                  ・非常に揮発性が高い液体の為、細胞内部に入り、すぐに揮発して蒸発します。
                   
                  この時、細胞内部の他の液体も蒸発するので細胞内部を乾燥させてダメージを与えます。
                   
                  | アルコール | 19:32 | comments(0) | - | - |
                  アルコールについて◆攬貶間スピーチ】
                  0

                    アルコールについて◆攬貶間スピーチ】

                    【アルコール濃度】
                    高濃度のメリット
                    ・殺菌スピードが早い
                    ・色々な微生物に対して有効
                    ・耐性菌ができない
                    ・残留性がない
                    ・毒性が比較的少ない
                    高濃度のデメリット
                    ・最近の芽胞に対しては有効では無い
                    ・濃度の低下により、効果が著しく遅れる
                    ・揮発の濃度低下で効果の持続性が短い
                    ・可燃性がある
                    芽胞とは?
                    (一部の細菌が変化できる耐久性の高い構造状態)
                    | アルコール | 19:22 | comments(0) | - | - |
                    アルコールについて 攬貶間スピーチ】
                    0

                      アルコールについて 攬貶間スピーチ】

                      【アルコールの性質】
                      1.殺菌、消毒効果があり、防カビなどにも有効です。
                      2.揮発しやすい液体で、色は無色透明で芳香があります。
                      3.油をよく溶かし、  水とよく混じります。
                      4.マイナス114度以下にならないと凍りません。
                      5..燃やすと青白い炎になりますが、悪臭やすすを出しません。
                      6.お酒の成分と同じ為、口に入っても安全ですが、お酒と同じで致酔性があります。
                      | アルコール | 19:21 | comments(0) | - | - |