RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

1分間スピーチ

ごま油
0
    ごま油の色と香りはごまの煎り具合によって違ってきます。
    高温で時間をかけて煎れば煎るほど、油の色は濃く仕上がり、ごま油特有の香ばしい香りが強まります。
    煎りごまを材料に独特の香りを出した焙煎ごま油と、ごまを煎ることなく精製し、ごま本来の旨みを出した太白ごま油に分かれます。
    調理油や調味料として使われたり、太白ごま油は製菓用油やマッサージオイルなどにも使用されます。
    | ごま | 09:17 | comments(0) | - | - |
    ごまの栄養とアレルギー
    0
      昔からゴマは栄養価の高い食品として知られ、生薬としても使われていたみたいです。
      種皮の色によって黒ゴマ、白ゴマ、金ゴマに分けられますが、栄養的にはほとんど差がありません。

      カルシウム、マグネシウ等のミネラルが多く含まれ、骨粗しょう症の予防や貧血の改善に効果があります。たんぱく質も豊富に含み、コレステロール抑制の効果もあるそうです。
      アトピー性皮膚炎の2〜3歳以上の子供の約50%がゴマアレルギーだとも言われます。
      | ごま | 13:58 | comments(0) | - | - |
      ごまの輸入と生産
      0
        日本で使用されるゴマは、その99.9%を輸入に頼っている。
        輸入量は約16万トン。
        一方、国内生産量は、全体の0.1%に相当する国産ゴマのほとんどは鹿児島県喜界島で生産され8-9月頃の収穫時期には、周辺にゴマの天日干しのセサミストリート(ゴマ道路)が出現します。
        ゴマの世界の総生産量は384万トンで最大の生産国はミャンマーである。
        上位3カ国はミャンマー、インド、中国で、世界総生産量の約50パーセントを占める。
        | ごま | 09:12 | comments(0) | - | - |
        ごま(ひらけごまパート2)
        0
          ごまは成熟後乾燥させると、種子の詰まったさやが割れ、なかの種がはじけ出ます。
          このことから「開けごま!」とは、パッと勢いよく開く様子を指して使われる当時の慣用句だったともいわれています。
          「開け、ごま!」の呪文は、ぎっしり詰まった大切な宝よ、早く出て来いという願いが込められていたのかもしれません。
          | ごま | 09:16 | comments(0) | - | - |
          ごま(ひらけ〜ごまパート 
          0
            開け、ごま!を英語で言うと、オープン セサミ。
            アラビアンナイトのアリババと40人の盗賊の盗賊がこう唱えると盗んだ宝物を隠していた洞窟が開きました。なぜ、開けごまなのかということなんですが、ちなみに、アラビア語ではイフタフ・ヤー・シムシムと言いますが・・・。
            この話が作られた時代、中近東地域では、ゴマは油を搾るのに重要なものとして広く栽培されてたそうです。重要なもの=宝物として重要視されてたそうです。
            | ごま | 13:55 | comments(0) | - | - |
            ごまと食材
            0
              ごまは、さやの中に入った種子を食用とします。
              さやから取り出し、洗って乾燥させた状態を洗いごまといい、食用となりますが、生のままでは種皮が固く香りも良くないので、通常は炒ったもの炒りごまを食べます。
              また、むいたり、切ったりした切りごま、指先でひねり潰すひねりごま、すり鉢ですり潰す、すりごまなど、料理の材料や薬味として使われています。また、昔からふりかけに使用されることが多い。
              | ごま | 14:25 | comments(0) | - | - |
              胡麻 パート1
              0
                ゴマは胡麻科の一年草です。アフリカ大陸に野生種のゴマ科植物が多くありますが、栽培ゴマの発祥地はインドで、紀元前3500年ごろからだそうです。ゴマは、主に種子が食材、食用油など油製品の材料とされてまして、古くから世界中で利用されている植物です。
                品種は白ゴマ、黒ゴマ、黄ゴマなど、種子の外皮の色によって分類されます。欧米では白ゴマしか流通してないみたいで、アジアは半々です。黄ゴマは主にトルコでの栽培になります。
                | ごま | 11:09 | comments(0) | - | - |