RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

1分間スピーチ

【彼岸】
0

    「春分の日」は、「自然(しぜん)をたたえ、生物をいつくしむ」日として、
    「秋分の日」は、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日として、
    国民の祝日に定められていますが、「春分の日」と「秋分の日」は、
    お彼岸の中日(ちゅうにち)でもあります。
    仏教では、ご先祖さまのいる世界<極楽(ごくらく)>を
    「彼岸(ひがん)」、いま私たちが生きているこの世界を
    「此岸(しがん)」といい、
    「彼岸」は、西に位置し、「此岸」は、東に位置するとされています。
    3月の春分の日と9月の秋分の日は、太陽が真東から昇り、
    真西に沈むので彼岸と此岸がもっとも通じやすい日になると考えられ、
    この時期に先祖供養をするようになりました。

    | - | 13:45 | comments(0) | - | - |
    体のとって良い朝食取り方(食べ方) 味噌汁編  No.8
    0

      血糖値の上昇を緩やかにするためにみそ汁の具材を大きめにカットすると良いです。
      大きめにカットすることで食べるのに時間がかかります。ゆっくり食べれば、ゆっくり消化吸収されます。
      早く食べることは、よく噛んでいないことです。、一口30回は噛んでください。
      よく噛むとインスリンの分泌が良くなります。噛むということとインスリンの分泌に関係があるということは研究されていますので、よく噛かんで血糖値の急上昇を防ぎましょう
       

      | - | 10:12 | comments(0) | - | - |
      【その他】安全運転管理者より
      0

        【その他】安全運転管理者より
        ・シートベルト必ず着用!
            15人死亡中、非着用8人(2人は不明)
            ⇒非着用8人のうち6人は助かっていたかもしれない。
        ・仕事中より通勤中の事故が多い(増えた)
            ⇒前方不注意(スマホ?)
        ・なるべく生活道路入らないようにする事。
        ・全事故の60%高齢者が絡んでいる。
        ・右側から渡ってきた高齢者には、特に注意。
        (本人右見て渡りはじめ、左は見ないままで渡ろうとする)
        ・駐車中の車も賠償責任。
            ⇒駐車中の車を除けたために事故が起きた。
            ⇒過失相殺(最近の判例)ドライブレコーダーの普及もあり。
        ・信号無視の歩行者はねたら…。
            車の過失割合 30%
            高齢者の場合 40%
            幼児の場合 50%
            (その時々のケースにもよるが)
                  ↑
            典型的な「だろう運転」
            「まさか渡ってこないだろう…。」

        | - | 18:22 | comments(0) | - | - |
        体にとって良い朝食の取り方(食べ方) No.7 コーヒー編
        0

          朝起きたら目覚めのコーヒーを飲む人も多いと思います。
          そのコーヒーですが、大事なのは、飲むタイミングです。食前なのか、食中なのか、食後なのか。それは、食後です。
          その前にコーヒー自体、体にいいのかってことですが、コーヒーは飲まないより飲んだ方糖尿病になりにくいそうです。それはポリフェノールの効果で血糖値が上がりにくくなるからです。しかしコーヒー中には、カフェインも入ってます。
          このカフェインを食前にとると、カフェイン効果で血糖値が上がってしまいます。
          カフェインをとると、アドレナリンの分泌で、血糖値が上がります。その上がった状態で朝食をとるとさらに血糖値を上昇させることになりますので、食後にコーヒーを飲むことをお勧めします。

          | - | 18:17 | comments(0) | - | - |
          体に良い朝食の取り方(食べ方) サラダ編  No.5
          0

            サラダを食べるときに、血糖値のことを考えれば何もかけず食べるのがいいかなとおもっちゃったりするのですが、実際はドレッシングをかけた方が血糖値の上昇を緩やかにします。でわ、どんなドレッシングなんだってことですがそれは、ノンオイルドレッシングではなく、フレンチドレッシングです。  
            なぜだかというと、ポイントは油です。オリーブオイルが消化のスピードを遅くします。
            それとお酢にも効果があります。お酢に含まれるクエン酸や酢酸が消化のスピードをゆっくりにしてくれます。
            さらにより効果を高めるためにツナを一緒にたべるとよいです。ツナのような魚をたべると、インクレチンというホルモンがでて、インスリンが出やすく血糖値が下がりやすくなるからです。
            ただし、かけすぎには注意しましょう。

             

            | - | 19:09 | comments(0) | - | - |
            体にとって良い朝食の取り方(食べ方) No.5 パン編
            0

              それはなぜだかと言うと、バターには脂が入ってます。脂って言うのは一般的に摂取すると胃から腸へスピードがゆっくりとなります。なので胃から腸への移動時間が長い。なので消化スピードが遅くなります。
              あとパンには甘いものを塗りたい方にオススメは、ハチミツをうすく塗って食べてください。ハチミツはすごく甘いから血糖値が上がりそうなイメージですが、ハチミツの主成分は果糖(果物に含まれる糖分)です。果糖は吸収が遅くあまり血糖値に影響はありません。たとえばブドウ糖が100まで上がりとしたら、ハチミツだと50〜60ぐらいです。なのでハチミツをうっすら塗って食べるとおいしく食べられしかも血糖値はさほど上がりません。

              | - | 09:46 | comments(0) | - | - |
              体にとって良い朝食の取り方 No.4(パン編)
              0

                血糖値の上昇を緩やかにするパンの食べ方は、そのまま食べる、焼いて食べるどちらでしょうか?答えは焼いて食べるです。
                ご飯のときは冷やすと難消化性でんぷんが増えましたけど、パンは焼いた時に、難消化性でんぷんが増えます。
                パンと言えば、バターやジャム、何かを塗りたくなります。でも何かをつけて食べると血糖値が上がるのではないかと思ってしまいがちですが、バターを塗って食べると、若干血糖値は上がりにくくなります。あくまでも血糖値だけに関してはです。なぜだかと言うと・・・次回に続く
                 

                 

                | - | 09:16 | comments(0) | - | - |
                体にとって良い朝食の食べ方(取り方) No.3
                0

                  どうしても暖かいご飯が食べたい方は、ご飯とあるものを一緒に食べると消化が遅くなります。それは、山芋です。山芋のネバネバがご飯をつつみバリアを張ったようになり消化を遅らせます。ご飯だけで消化の速さが100としたら、山芋と一緒に食べたら65〜70になります。
                  ネバネバは、水溶性の食物繊維です。
                  山芋の他にも、おくらや納豆でも構いません。ただ、山芋は必ず生の山芋を食べてください。なので、朝一番いいのは、山芋とおくらと納豆の3色丼を食べることです。
                  山芋の中にジオスゲニンってものが含まれてまして、最近そのジオスゲニンが血糖値を下げる効果があると研究されましたので、山芋2つの効果を持っています

                  | - | 18:28 | comments(0) | - | - |
                  体にとってよい朝食 No.2
                  0

                    朝食で血糖値を上げないようにするポイントは、消化するスピードを遅くさせることです。
                    では、ご飯をどうすればいいのかってことですがそれは、ご飯を一度冷たくすることです。
                    ご飯を冷やすことで消化しにくいデンプンが少しできるからです。炊いたお米のデンプンは、のりじょうになって柔らかく非常に消化されやすい状態です。冷やすと難消化性デンプンと言って消化されにくいデンプンが増えて血糖値が上がりにくくなります。
                    せっかく炊いたご飯を冷やしてしまうのはもったいないと感じます。そのときは、前の夕飯の残りご飯をおにぎりにしておいて朝食で食べることをオススメします。
                     

                    | - | 08:26 | comments(0) | - | - |
                    【前照灯はハイビームで使用?】安全運転管理者より
                    0

                      ・通常、ハイビーム「走行用前照灯」(上向き(正確には水平)・遠目)と
                      ロービーム「すれ違い用前照灯」(下向き・すれ違いビーム)
                      を切り替えることができる。
                      ・ハイビームは正面を遠く(最低前方100m)まで照らすため、
                      夜間の対向車や前方の車が存在しない場合に用い、
                      ロービームはやや下方(前方40m)を照らすため、
                      対向車や前方の車への眩惑防止や、霧や雪などに光が反射する場合に使用する。
                      ・車検の際の前照灯の照度や光軸などの検査は、
                      2015年9月以降、従前は原則としてハイビームで行っていたものを、
                      原則としてロービームで行うものと改められた
                      (1998年8月31日以前の製作車はハイビームによる)

                      | - | 18:36 | comments(0) | - | - |